ゆうきのにっき2

ブログを趣味にすべく再度、奮闘中。主にゴルフ、トイプードル「りんご」の記録簿。

宅建免許取得までの道(4)

今日もアプローチ講義、法令上の制限について。1コマ目は「都市計画法用途地域、用途制限、市街化地域・市街化調整地域の建築制限」でした。3問だけですけどテストの結果100点。


2コマ目は「建築基準法、道路、建ぺい率、容積率」このミニテストも100点、すばらしい。おととしの記憶がなんとなく残っていましたし、まだまだ初歩の問題ですから当たり前ですかね。


やる気を出すために100点をとったら1000円を貯金することにしました。この貯金箱、100均でみつけたのですがなかなかシンプルで良いです。今のアプローチ講義は3問のミニテストですけど、本講習が始まると20問?に増えてくるので1問ミスまでOKにしましょうかね。「宅建のテストは100点を取るテストではなく、他の人が解ける問題は確実に正解して、それ以外で何問か正解すればよいのですから、」と再三言われてましたので。


本試験の10月まで休み返上になるのですから、何らかのご褒美がないとがんばれませんよね。がんばっていくらか貯まったら欲しいものでも買おう。そういえば小学生の頃はテストで100点を取ると、母が500円を小瓶に入れてくれました。高専3年ときには「テスト結果がクラスで5番以内に入ったら一人暮らしさせてやる」との父の言葉に猛勉強して中の下ぐらいの順位からいきなり3番をとってしまいました。その時は過渡現象マニアでしたね(ごめんなさい電気科しか分かりづらいネタです)。僕は単純な人間です、ニンジンをぶら下げられれば素直に走ります。