ゆうきのにっき2

ブログを趣味にすべく再度、奮闘中。主にゴルフ、トイプードル「りんご」の記録簿。

監督の命日

今日は小学生のとき通っていた少年野球団の監督の命日ということ、昨日父から聞きました。監督は父が起業するころお世話になった方?らしく、その辺の関係は良く分かりませんが、その方が監督をやっていた野球団に小4の頃からかなぁ、所属していました。そのころの監督のイメージは緩めのパンチでグラサンをかけてましたから、小さかった僕はそれはビビってましたね。また僕はスポーツ神経が無い方ですので、そりゃもういろいろ怒られましたしね。「こらっ!!ヌケ、ケツ出せ、蹴りじゃ!!」よくお尻をインサイドキックされてたのを思い出します。
懐かしくなってそのころ練習していた江良公園に行ってみることにしました。今はもうチームが無くなってしまいましたから使われていませんが、バックネットとネット裏の倉庫は残ってましたね。僕はレフトで8番でしたから、レフトからの風景を写真に撮ってみました。懐かしいな〜真夏に水も飲ませてもらえず、ひたすらノックを受けていたこの場所。


ファーストも守っていたことがあるので、こちらからも。バックネットの壁はおじいさん方のいい背もたれになっているみたいです。


監督が監督だったのは小5までのことだったのですが、バッティングが苦手な僕のために監督宅でゴルフネットに向かってティーバッティングをする特訓をしたこともありましたね。小6の新人戦、見に来てくれた監督の前でレフト前ヒットが打てたのを今でも鮮明に覚えてます。あれが初ヒットだったと思います。存命だったらいろいろお話ができたんでしょうけど残念です、いまだに尻キックされてたかもしれませんね。