ゆうきのにっき2

ブログを趣味にすべく再度、奮闘中。主にゴルフ、トイプードル「りんご」の記録簿。

祖母と海の駅「ほそしま」へ

地元に戻って1日目、毎回帰省してたときもそうですが、朝からやることは決まっています。朝ごはんを食べた後、おみやげを持って畑浦の祖父母の家に線香をあげに行きます。今日は「ばぁちゃんを墓そうじにつれてっちゃりない。おれはゴルフだから昼飯は畑浦で食べさせてもらえ。」と父から指令がありました。「はいよ」っと祖母の家に行ってみると「今日は調子が悪いから、墓参りにはいかん」あら、それじゃしょうがないから、昼までゆっくりしますかねとゴロンとしてました。
すると祖母が「細島の店まで車でつれっていってくれんね?」と、最近、自転車に乗れなくなって買い物もしづらい状態ですからね、にしても細島のお店ってどこやろうか?と思いないがら、祖母の道案内で向かった先は海の駅「ほそしま」でした。
レストランも併設されていて、海鮮丼とかマグロ丼とか海のものがいただけるみたいです。今日は開店直後でしたからお客さんもいませんでしたね、今度食べに行ってみよう。おひとりさまも最近は慣れましたので平気です。


目印の大漁旗、それにしてもいい天気でしたね。
ここに来た目的はお正月料理の材料が買いたかったみたいです。いつも食べてる煮豆の材料「花豆」というらしいですが、それは近くのジャスコには無く、ここにしか売ってないらしい。ただ北海道産で1袋200g 530円と高額だったのですが「たけ〜ね〜、でもこれしかないからしょうがないね〜」と言って、残り3袋を買い占めていましたw この豪快な買い方は父も引き継いでいるような気がします。


お昼を食べさせてもらって、家に帰る途中「アフランシール」によってみました。新しい部屋に合う家具はないかなぁ〜?と思っていたのですが、家具よりも洋服と雑貨がメインでした。見当違いでしたね。とりあえずお香を買って帰りました。