ゆうきのにっき2

ブログを趣味にすべく再度、奮闘中。主にゴルフ、トイプードル「りんご」の記録簿。

米の山を一周

じいちゃんの四十九日法要は、昼過ぎには終わったので、母さんのお墓参りに行ってきました。その後、夜ごはんまで暇があったので、おなかを空かせるためにも妹と米の山までドライブすることにしました。おなかを空かせるためとか言いながら、馬が背の売店でソフトクリームを買ってもらって食べました。暑かったのでおいしかった〜。


売店の近くには猫がいましたよ、暑いのか?柱の陰でグテーっとしてます。


こっちの白黒の奴も、陰でおやすみ中。かわゆす。完全に人に慣れてます。


馬が背遊歩道の森の中を抜けると、絶景が広がります。
馬の背中みたいな岬の形から「馬が背」というらしいです。たしかに細い遊歩道が岬の先端まで続いています。パノラマ撮影*1にチャレンジしてみました、クリックで拡大します。


いやー絶景。絶景。土曜日でしたから家族連れやカップルが結構いましたよ。日向の観光スポットも捨てたもんじゃないです。



引き返し、山道をゼーゼーいいながら10分ほど登ると細島灯台。こっちには全然人がいませんでしたね。
灯台からは別の坂道で駐車場まで下ります。馬が背側から登るときつい階段が続くので、灯台に寄るつもりならこの坂道を登って灯台に寄り、階段をくだって馬が背を目指すコースをお勧めします。


駐車場には若山牧水の歌碑がありました、昔はなかったので最近できたもののようです。「樹は妙に 草うるはしき 青の国 日向は夏の 香にかをるかな」まさにこの場所、この時期に合う歌ですね。



次はクルスの海へ、すっかり恋愛スポットとして定着したらしく「願いが叶うクルスの鐘」には恋愛スポットの象徴である錠前がいっぱいつながってました。そのせいで鐘が鳴らしづらいところを無理やり鳴らしてやりましたよ。


「叶」の文字に見えるので、願いが「叶」うクルスの海ということらしいですよ。たしかに「叶」に見えなくもないかな、僕的には昔からの「十文字」いう呼び名の方が好きです。


ここにも猫がいました。わざわざ僕の前まで歩いてきてポーズをとってくれましたよ。こうやってお菓子でもねだっているのかな?何もあげれんくてごめんね。


次は「サンポウ」、サンポウってのは瀬の名前で三方って意味なのかな?小さい頃よく遊びにきてたたなぁー。観光客はなかなかここまでは来ないでしょうね、地元の人しかいませんでした。


最後は米の山の展望台。だいぶ陽が傾きましたね、米の山の三角の影が見えます。今日はこの岬を左側から時計回りに廻ったわけです。明日も天気がいいみたいなので、何しようかな。ただ風邪をひいたっぽいのでほどほどにしますよ。

*1:Microsoft Image Composite Editor (ICE) で3枚or2枚の画像を合成しています。案外簡単にできましたね。